大学推薦入試

【大学推薦入試】

法政大学文学部英文学科(常総学院)
文教大学国際学部国際理解学科(水海道一)
獨協大学法学部法律学科(伊奈)

東京電機大学工学部先端機械工学科(水海道二)
流通経済大学社会学部社会学科(鹿島学園)

【専門学校】

学園看護専門学校(守谷)
日本国際工科専門学校高度情報処理科(鹿島学園)

推薦で大学に入る

目標とする大学や学部学科が絞られている方や、特異な賞などを持っている、資格がある方、自分の高校からでは一般入試で大学に入るのは困難では?という方は、推薦入試にチャレンジしてみてはどうでしょうか。

よくある質問

  • 合格したら入学しなければならないか?
    原則入学するが、最近は併願が可能なところが増えています。そのような大学では学科試験を課すのも多い。
  • 得意分野や資格を評価してくれる一芸一能
    英検やTOFEL、TOEICなどのスコアで入れる大学も多い。また文学系では、何らかの文芸に関する賞などを基準にする推薦もあるので、得意な分野を利用して有名大に入学するケースもあります。
  • 推薦で入学するメリット
    早い時期(9月から11月中)に入学が決まるので、ゆとりを持てます。
    入試にかかる費用が浮きます(受験料だけで1校約5万円一般、センター両方出願、入学金)。比較的実力よりも高いレベルの大学に入りやすい。
  • どのような対策が必要か
    内申点がよくないと基本的に推薦はむずかしいので、まず学校での定期試験を全教科しっかりとやる。欠席をしない、真面目な態度で過ごすなどが基本。その上で自分の得意な教科なり、目指す目標なりをアピールできるようにしたい。また、オープンキャンパス、入試相談会には必ず出席するなど。

▲ このページの上に戻る